予防・メンテナンス 全ての治療の原点が予防・メンテナンスです

健康な状態を維持するために・・

* 健康なお口の中を維持するためには、ご自身の歯磨きや食生活習慣の管理が大切なことは言うまでもありませんが、それと並んで専門家によるプロフェッショナルケアが不可欠となります。

当医院では、治療などによって得られた健康な状態を維持させ、再発を防止できるよう、歯のメンテナンス(定期検診)をおこなっております。

間隔は3カ月から6カ月お1人おひとりに合ったより効果的な定期検診をご提案致します。
予防歯科は3カ月に一度、定期健診として受けて頂くと、健康なお口の状態をキープすることができます。勿論、お家でのケアも大切です。いくら予防歯科に通っていても、食後の歯磨きを怠ったりすると、むし歯の原因や歯周病の原因になります。

歯科医院での3カ月に一度の検診と、お家でのケアをしっかり行い健康なお口作りましょう。

磨き残しがあると虫歯や歯周病に!?

患者さんの中で、「毎日歯磨きをしているのに、虫歯ができる」という方がいらっしゃいます。それは、磨き方や生活リズムの中のお口の予防法が合ってないのかもしれません。
当院では、患者様のむし歯や歯周病感染のリスクを軽減する為に、唾液検査を行っています。この唾液検査をする事で、患者様に合ったお口の予防法をご提案する事ができます。
当院が導入している、唾液検査はCAT21という商品で、お子様から成人まで幅広く検査する事が可能です。
御予約の際に、唾液検査を希望しますとお伝え下さい。お問い合わせもお待ちしております。

唾液検査 1,500円

歯磨きの仕方、ブラッシング指導(TBI)

歯ブラシの画像毎日の歯磨きですが自分で磨いているつもりでも磨けていない事があります。 歯磨きの目的は、虫歯や歯周病の原因になる「歯垢=プラーク」を取り除くことです。
こういった歯磨きの仕方の指導をブラッシング指導(TBI)と言います。
TBIとはトゥース・ブラッシング・インストラクションの略。 主に歯科衛生士によって行われる、正しいブラッシング(歯磨き)指導のことを言います。当院ではこのブラッシング指導を行っていますので、お気軽にお声をお掛け下さい。

磨き残しがあると虫歯や歯周病に!?

むし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、べたべたと歯にくっつきやすいのです。
歯と同じような色をしているので見落としやすく、特に磨き残ししやすい奥歯の溝や歯のつけね、歯と歯の間などはそのままむし歯になりやすいところでもあります。
むし歯・歯周病の予防のためには、みがき残ししやすい場所を染め出し液などで染め出し 把握しておくことが重要です。
当院で磨き残しの有無をチェックする染め出しも行っていますのでお気軽にお越しください。

定期健診の流れ(保険対応)

  • お口の中の検査
    むし歯や歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の進行はないか?
    また清掃状態はどうか、などを調べます。
  • TBI歯磨き指導
    歯科衛生士によって行われる、正しいブラッシング(歯磨き)指導を行います。
  • 歯垢・歯石の除去
    専門の器具を使って、普段のブラッシングでは取ることの出来ない歯石や歯についた着色(茶渋やヤニ)を除去します。 同時に歯周ポケット内の歯垢を洗い流します。
  • PMTC
    虫歯や歯周病を予防するで、歯科衛生士による機械的な歯面清掃を行います。
  • 歯科医師によるお口のチェックを行います

歯周病治療はコチラ