歯周病 歯周病予防は基本的な歯ブラシ指導、歯周病治療は内服治療を

歯周病について

歯を失う原因 歯周病は歯と歯肉の間に細菌が入り込み組織が破壊されて、歯肉が腫れ、歯を支えている骨が侵される病気です。
重度の歯周病になると、歯が抜け落ちてしまう怖い感染病なのです。

人から人へもうつりますし、歯肉に炎症を起こした病原菌が気管から肺へ、あるいは血管に入り、体内を移動することで病気を起こす可能性もあるのです。
日本人の多くは、30歳から歯周病が進行して50代から歯が抜け落ちるという方が多いです。

歯周病が及ぼす病気

脳卒中< 歯周病になると、歯周病菌が≪プロテアービ≫という酵素を吐き出し血しょうをかたまらせます。そして血管を詰まらせる可能性があるため、動脈硬化を引き起こし、脳卒中や心筋梗塞の誘い水となることもあります。
肺炎 歯周病菌の交った唾液がたまって肺に入ると高齢者の誤嚥性肺炎の原因となります。
心臓病 歯周病菌が心臓弁への感染を引き起こし心臓病の原因となることもわかっています。歯周病の人は健康な人の2.8倍も心臓病になりやすいというデータもあります。
糖尿病 歯周病のある人ほど、血糖値が高く、重症な歯周病患者には糖尿病の患者が多いということもわかっています。
早産・未熟児出産 歯周病の母親の未熟児出産の確率は健康な人の7倍も高くなります。
TBI・・ブラッシング指導(歯肉縁上)
歯肉緑 TBIとはTooth blushing instruction、歯磨き指導のことです。
歯磨きの方法にはさまざまな種類があり、歯の位置や年齢などに合わせて磨き方を使い分けていく必要があります。
当院では、歯科衛生士によるブラッシング指導を行っております。
歯並びによって磨き方も変わりますので、自分に合ったブラッシングを正確に出来る様、指導致します。
スケーリング(歯石除去)
超音波機器でブラッシングでは取り除けない部分のプラークを取り除きます。
ルートプレーニング (歯肉縁下)
ルートプレーニングは骨が失われたところに使います。歯根の粗い表面をなめらかにします。
歯肉を治りやすくするために、歯周ポケットに薬を入れることがあります。

薬でなおす歯周病?

* 歯周病治療と言えば上記のような、ブラッシング指導、歯石除去したりする歯の回りのお掃除がどの歯科医院でもされている歯周基本治療です。
しかし、この基本的治療をしても、一生懸命歯磨きしても、なかなか歯ぐきの腫れた出血・口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がおられることも事実です。
ところが、簡単に薬で治す方法が見つかりました。
特殊な顕微鏡を使って、お口の中の汚れをほんの少し採取し、観察します。
原因である歯周病菌やカビ菌を特定し、それぞれに合った薬でその菌を退治する事ができるようになったのです。これが顕微鏡を使った歯周内科治療です。
当院ではジスロマックを服用する歯周内科治療をおこなっております。
歯周病治療の手術をせずに、薬でなおしていくのが歯周内科治療ですので、患者さまの負担も軽減されます。
歯周病でお悩みの方は、一度ご来院下さい。

歯周病にならないためにはこちら

女性と歯周病はこちら