審美歯科 審美歯科で美しく健康的な口腔内を

審美歯科について

奥の銀歯を白い歯にしませんか?

ジルコニアクラウンの秘密

ジルコニアクラウンとは

ジルコニアクラウンは、クラウン全体をジルコニアで修復するオールセラミックスクラウンです。
そのほとんどがジルコニアから成るジルコニアクラウンは、自費フルキャストクラウンと比べ、低コスト・安全・丈夫・きれいという大きな特長を有しています。貴金属価格が高騰している今、歯科治療は大きな変革の時を迎えています。
ジルコニアクラウンは、まさにメタルに代わる歯科材料として注目されています。

ここでの低コストとは、歯科用貴金属と比較した場合の「材料代金」を指すものです。

ゼノスターの3つの秘密

低コスト 金の価格推移のグラフ右図は過去5年間の金の価格推移で、2011年8月現在の金価格は、5年前と比べ2倍以上になっています。当然、歯科用金属も価格が上昇するため、歯科医院・患者様への負担が大きくなり、とても健全な状態であるとは言えません。その点、ジルコニアは低コストな上、また金のような投機の対象ではないため、価格がとても安定しています。歯冠修復材料としてのジルコニアは今、歯科用金属よりも低コストになっているのです(金の含有量が少ない合金を除く)。
安全 ジルコニアは、金属イオンの溶出がとても少ない材質であるため、従来の歯科用金属と比べアレルギーの心配が大きく軽減されます。
丈夫 ジルコニアクラウンは、ジルコニアをクラウン形態に切削後、ステインなどの着色を行い製作されます。そのため、ジルコニアの強度(曲げ強度約1200MPa/ビッカース硬度約1300HV10)がそのままジルコニアクラウンに反映され、破折の危険性が軽減されます。

審美歯科

審美歯科とはむし歯治療や歯周病治療のような悪い箇所を治療するのではなく、その一歩先に進み、機能性(かみ合わせ)と審美性(見た目の美しさ、歯の色や形)を融合させたのが審美歯科です。
せっかく治療するなら、白くて美しい歯を手に入れたい!そんな患者さまには審美治療をお勧めしています。
審美歯科を行うことで美しく健康な自然な白い歯を手に入れることができます。
審美歯科には様々な治療法、種類があり、患者さまに合った素材を使い、ご希望の自然な白い歯を実現していきます。

症例1
症例1
症例2

オールセラミック

100%セラミックを使用した詰め物で、自然で透明感のある白を表現することができます。
金属が含まれていないので金属アレルギーの心配がなく、強固で変色しないというメリットがあります。
虫歯の再発のリスクも少なく、修復材料の中では最高クラスの素材になります。

ジルコニア

ジルコニアジルコニアは「白くてきれい」「強くて丈夫」「人体に優しい(生体親和性に優れている)」という特徴があります。強度が高いため、補強のために金属を使う必要がなく、金属アレルギーの方でも安心です。

メタルボンド

審美歯科には様々な治療法や種類があります。
その中から患者さまに合った素材を使い、ご希望の自然な白い歯を実現していきます。

セラミックインレー

奥歯の表面に比較的小さな虫歯が出来た場合、虫歯を削り取った部分にセラミックの人工歯を詰める治療法です。

ハイブリッドセラミック

* 色が白く、目立ちません。オールセラミック同様、
金属を含んでおらず金属アレルギーの心配がありません。

しかし、オールセラミックに比べ耐久性が低く、
時間の経過により多少の変色や摩耗を起こす可能性があります。

ラミネートベニア

ラミネートべニア ラミネートベニアとは薄いセラミックの板を歯の表面を削り、貼付ける治療法です。
前歯のすきっ歯が気になる方に人気の審美歯科です。

インビザラインはマウスピース型矯正です

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、 画期的な矯正方法です!一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)は従来のワイヤー矯正と比較して非常に目立ちにくい装置です。

「歯並びに悩んでいて治したい。 だけど、目立つ治療はイヤ・・・」といった要望に答える最新の矯正方法といえます。

金属未使用で痛みが少ないのも特徴です!

金属を使用しないマウスピース矯正は、唇や口の中の粘膜などを傷つけるリスクが低くなります。
従来の装置のように治療期間中に金属等の装置が歯から外れてしまい緊急に来院する必要が少ないことも特徴のひとつです。

歯の健康のための歯列矯正!

さて、皆さんは「8020運動」をご存じですか? これは、厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を残そう」という運動です。

実はこの「8020」を達成している人のお口を調査してみると、興味深いことに「歯並びや咬み合わせに問題がある人(不正咬合の状態である人)がいない」という結果がでたのです。

つまり、「正常な歯並びや咬み合わせの人は歯を長く保ちやすい」と判明した一方で、「不正咬合の人が8020を達成するのは難しい」ということも判明したのです!

歯並びがよいことで食生活が豊かになり、全身の健康にも影響を与えます。 歯並びがよいことで食生活が豊かになり、全身の健康にも影響を与えます。

最近の歯科医療では、歯列矯正においても「歯の残すため」あるいは「歯の健康を回復・維持するため」の治療が重要視されるようになってきています。

当院で採用している、インビザライン アライン・テクノロジー社の新システム「iGO」とは?

iGOとは、インビザライン矯正の中で、軽度に歯並びが悪い方向けの治療システムです。例えば、前歯の凸凹だけを治したい、ブリッジをするために1〜2本の歯並びを修正したい、一部のかみ合わせを正常に戻したい、など用途を限局した治療に適しています。

独自3D画像化技術と、全世界680万人*超の患者様のビックデータを活用し、マウスピース矯正を前歯の審美的矯正(見た目)や口腔内衛生のための歯並びの改善、または被せ物治療の前処置に適応します。

  • ・目立ちにくい
  • ・前歯だけのスポット矯正ができる
  • ・取り外しが可能で衛生的

詳しくは医院までお問い合わせ下さい。

審美歯科のあとも、しっかり長持ちする為に予防・メンテナンスをオススメいたします。

予防・メンテナンスはこちら