審美歯科 審美歯科で美しく健康的な口腔内を

矯正歯科(目立ちにくいマウスピース矯正)

透明で目立ちにくい矯正装置で気になる前歯や部分的に矯正治療を!
Mouthpiece/Esthetic bracket

このような方にはお勧めのマウスピース矯正!

  • ①気になる前歯を気軽にきれいにしたい!
  • ②痛みはできるだけ少なくしたい!
  • ③大事な時には矯正装置が取り外せる!
  • ④虫歯になりたくない!
  • ⑤気づかれずに矯正治療をしたい(矯正中もずっと笑顔)
  • ⑥短期間で治療したい!

当院で採用している、インビザライン アライン・テクノロジー社の新システム「iGO」とは?

iGOとは、インビザライン矯正の中で、軽度に歯並びが悪い方向けの治療システムです。例えば、前歯の凸凹だけを治したい、ブリッジをするために1〜2本の歯並びを修正したい、一部のかみ合わせを正常に戻したい、など用途を限局した治療に適しています。

独自3D画像化技術と、全世界680万人*超の患者様のビックデータを活用し、マウスピース矯正を前歯の審美的矯正(見た目)や口腔内衛生のための歯並びの改善、または被せ物治療の前処置に適応します。

  • ・目立ちにくい
  • ・前歯だけのスポット矯正ができる
  • ・取り外しが可能で衛生的

詳しくは医院までお問い合わせ下さい。

①気になる前歯を気軽にきれいにしたい!

インビザラインiGOシステムは前歯部を対象とした矯正治療です。

口を開けるときに目についてしまう前歯部の歯並びを段階的に矯正し、きれいな歯並び・理想的な笑顔へと近づけていきます。

②痛みはできるだけ少なくしたい

従来の矯正とは違い金属を使用しない為、唇や口の中の粘膜などを傷つけるリスクが低くなります。

これは多くの患者様が矯正治療中の口内炎のお悩みを抱えておられます。また金属等の装置が歯から外れてしまい緊急に来院する必要が少ないことも特徴のひとつです。

③大事な時には矯正装置が取り外せる!

従来の矯正治療は一旦装置を装着すると治療が終了するまで装置を取り外すことができませんでした。

マウスピース矯正はご自身で脱着可能な為、就職面接やお見合い等の大事な時はもちろん、日々のお食事でも着脱が可能です。

④虫歯になりたくない!

矯正治療期間中に虫歯にならないように、丁寧な歯磨きは必要不可欠です。

矯正装置を装着されていると磨きにくく、汚れが溜まりやすいですが、取り外し可能なマウスピースですと、歯磨き時に装置が邪魔になることもありません。

⑤気づかれずに気になる前歯や部分的な矯正治療をしたい(矯正中もずっと笑顔)

マウスピース矯正は、透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)を歯に装着して歯並びを矯正する、 画期的な矯正方法です!一人ひとりの歯に合わせて作製される矯正装置を装着し、治療の段階に合わせて新しい装置に交換しながら徐々に歯を動かし、歯並びを矯正します。透明に近いマウスピース型の矯正装置(アライナー)は従来のワイヤー矯正と比較して非常に目立ちにくい装置です。

「歯並びに悩んでいて治したい。 だけど、目立つ治療はイヤ・・・」といった要望に答える最新の矯正方法といえます。

⑥短期間で治療したい!

最短で3ヵ月、最長で5か月程度の比較的短期間での矯正治療が可能です。

治療の流れ

初診相談
↓ ↓
精密検査
↓ ↓
マウスピース作成・装着
↓ ↓(2か月に1回来院・歯を動かし整える期間)
歯並び治療終了・保定治療(後戻り防止)
↓ ↓
矯正治療終了

治療費

初診相談・・・・無料

精密検査・・・・50,000円

矯正治療費・・・400,000円

無料相談

無料相談をご希望の方は、必ず事前にご予約をお願いします。

診療時間:9時~13時 /14時30分~18時30分
休診日:日曜・祝日
※最終受付:平日18時、土曜日13時30分です。

歯の健康のための歯列矯正!

さて、皆さんは「8020運動」をご存じですか? これは、厚生労働省と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を残そう」という運動です。

実はこの「8020」を達成している人のお口を調査してみると、興味深いことに「歯並びや咬み合わせに問題がある人(不正咬合の状態である人)がいない」という結果がでたのです。

つまり、「正常な歯並びや咬み合わせの人は歯を長く保ちやすい」と判明した一方で、「不正咬合の人が8020を達成するのは難しい」ということも判明したのです!

歯並びがよいことで食生活が豊かになり、全身の健康にも影響を与えます。 歯並びがよいことで食生活が豊かになり、全身の健康にも影響を与えます。

最近の歯科医療では、歯列矯正においても「歯の残すため」あるいは「歯の健康を回復・維持するため」の治療が重要視されるようになってきています。

審美歯科のあとも、しっかり長持ちする為に予防・メンテナンスをオススメいたします。

予防・メンテナンスはこちら