予防・メンテナンス 全ての治療の原点が予防・メンテナンスです

健康な状態を維持するために・・

* 健康なお口の中を維持するためには、ご自身の歯磨きや食生活習慣の管理が大切なことは言うまでもありませんが、それと並んで専門家によるプロフェッショナルケアが不可欠となります。

当医院では、治療などによって得られた健康な状態を維持させ、再発を防止できるよう、歯のメンテナンス(定期検診)をおこなっております。

間隔は3カ月から6カ月お1人おひとりに合ったより効果的な定期検診をご提案致します。
予防歯科は3カ月に一度、定期健診として受けて頂くと、健康なお口の状態をキープすることができます。勿論、お家でのケアも大切です。いくら予防歯科に通っていても、食後の歯磨きを怠ったりすると、むし歯の原因や歯周病の原因になります。

歯科医院での3カ月に一度の検診と、お家でのケアをしっかり行い健康なお口作りましょう。

自分に合った虫歯治療で虫歯を繰り返さない口腔内環境を

あなたの虫歯の原因は何ですか?
わずか15秒で口腔内の清掃状態を測定できるCAMBRA(キャンブラ)

虫歯になると歯科医院で虫歯治療を行います。この流れはどの歯科医院でも同じです。
しかし、どうして虫歯になったのか?治療した所がまた虫歯になり繰り返す・・この様な原因を調べる歯科医院は少ないでしょうか。
自分のお口の中がどんな状態で、どうすれば虫歯になりにくい状態を保てるのか?を、把握する為に、CAMBRAを当院では導入しています。

CAMBRAキャンブラとは?

CAMBRAは、虫歯になりやすい人への唾液の検査と生活習慣のカウンセリングで4つのリスクに分類することが出来るアメリカのシステムです。

ご自身の虫歯リスクのレベルを把握する事によって患者様自身が目標を設定しやすく、歯科医院側でも行うケアが確立しやすくなりました。「キャンブラ(CAMBRA)」は「Caries Management by Risk Assesment(リスク評価に基づく虫歯の管理)」といわれるもので、患者様一人ひとりの口腔を検査し、科学的な分析をもとに、その人にあったケアを実践するという新しい予防ケアです。

どれだけ頑張って歯磨きをしても虫歯になってしまう、虫歯を作りたくない、健康なお口の環境を保ちたいと本気で考えている方にピッタリのリスク管理システムです。

70代の残存指数

株式会社ライオンのHPに日本の歯科とスウェーデンとの比較がありました。

スウェーデンと日本の残存指数

海外では「当たり前」!?歯科予防「後進国」日本・・。歯の痛み 今日で最後に しませんか?もうあなたをムシ歯にさせません!自分のリスクと体質を知って 健康なお口づくりを!

髪が伸びたり、傷んだら、定期的に美容室へ行くのに、人生で一番大切な歯の定期検診に行かないのはなぜ?じつは海外では子どもの頃から、当たり前のように歯科医院へ通います。

それはお口の健康の大切さを知っているからです。日本は、医療技術や機器はもちろん世界トップクラスなのですが、生活者の知識や習慣はかなり遅れています。

高齢になったら歯がなくなるのは当たり前、むし歯になるのも当たり前。これは日本人の恥ずかしい大間違いな常識で大切な歯は残せるのです!

「健康で後悔したこと」 55歳~74歳アンケート 急上昇第1位は「歯」!!

1位 歯の定期検診を受ければよかった

2位 スポーツなどで体を鍛えればよかった

3位 日頃からよく歩けば良かった

※データ元: PRESIDENT2012 年 11月12日号 「健康の後悔トップ20」より

これはとある「健康の後悔トップ 20」アンケートの結果です。人生を振り返って最も後悔したこと、第一位は「歯」について。世代別調査で、高齢になるといきなり上位に急上昇してきます。

つまり生きるうえで最も大切であり、かつ人生の楽しみのひとつである「食べること」のできない難しさ、悲しさを、歯を失ってようやく実感するからです。もちろん見た目にだって関わること。
歯は「再生できない臓器」とも言われています。失ってから後悔するより先に、いまできることを当たり前のようにはじめませんか?

当院でお口の pH コントロールで、ムシ歯菌を管理! 「キャンブラ」気軽に試してみませんか?

STEP1 まずはお口の健康診断を!

カンタンに診断でき、その場で結果が数値チェックできる専用機器で、現在のあなたのお口の健康状態、そしてむし歯のなりやすさ(体質など) を調べます。

STEP2 あなたに合った口腔ケアを!

生活サイクルや習慣は人それぞれ。診断結果に基づき、CAMBRAキャンブラの専門カウンセラーにより、一人ひとりに合った、そして無理なく続けることができる的確な口腔ケアをご提案させていただきます。☆CAMBRA"[キャンブラ」は口の中の菌に対し、エビデンス(医療的検証結果)に基づいた科学的アプローチによる処置が可能です。

☆全米65校中、歯科大学40校が採用しているスタンダードなむし歯管理方法です。お口の中のムシ歯菌の管理は、皆さんがが思っているほど大変ではありません。

なぜならむし歯は風邪と同じ「感染菌」によるものだからです。風邪をひかないように生活する、それと同じなのです。むし歯は特別なものではありません。

正しい習慣と正しい知識さえ身につければ、もう突然襲ってくる痛い思いとはサヨナラ!不定期に悩まされる毎日から、無理なく手軽にはじめられるお口のpHコントロールで、むし歯菌をしっかり管理CAMBRA(キャンブラ)というお口の健康管理方法で、 気持ちの良い生活を手に入れましょう。

磨き残しがあると虫歯や歯周病に!?

患者さんの中で、「毎日歯磨きをしているのに、虫歯ができる」という方がいらっしゃいます。それは、磨き方や生活リズムの中のお口の予防法が合ってないのかもしれません。
当院では、患者様のむし歯や歯周病感染のリスクを軽減する為に、唾液検査を行っています。この唾液検査をする事で、患者様に合ったお口の予防法をご提案する事ができます。
当院が導入している、唾液検査はCAT21という商品で、お子様から成人まで幅広く検査する事が可能です。
御予約の際に、唾液検査を希望しますとお伝え下さい。お問い合わせもお待ちしております。

唾液検査 1,500円

歯磨きの仕方、ブラッシング指導(TBI)

歯ブラシの画像毎日の歯磨きですが自分で磨いているつもりでも磨けていない事があります。 歯磨きの目的は、虫歯や歯周病の原因になる「歯垢=プラーク」を取り除くことです。
こういった歯磨きの仕方の指導をブラッシング指導(TBI)と言います。
TBIとはトゥース・ブラッシング・インストラクションの略。 主に歯科衛生士によって行われる、正しいブラッシング(歯磨き)指導のことを言います。当院ではこのブラッシング指導を行っていますので、お気軽にお声をお掛け下さい。

磨き残しがあると虫歯や歯周病に!?

むし歯や歯周病の原因となるプラーク(歯垢)は、べたべたと歯にくっつきやすいのです。
歯と同じような色をしているので見落としやすく、特に磨き残ししやすい奥歯の溝や歯のつけね、歯と歯の間などはそのままむし歯になりやすいところでもあります。
むし歯・歯周病の予防のためには、みがき残ししやすい場所を染め出し液などで染め出し 把握しておくことが重要です。
当院で磨き残しの有無をチェックする染め出しも行っていますのでお気軽にお越しください。

定期健診の流れ(保険対応)

  • お口の中の検査
    むし歯や歯周ポケット(歯と歯肉の間の溝)の進行はないか?
    また清掃状態はどうか、などを調べます。
  • TBI歯磨き指導
    歯科衛生士によって行われる、正しいブラッシング(歯磨き)指導を行います。
  • 歯垢・歯石の除去
    専門の器具を使って、普段のブラッシングでは取ることの出来ない歯石や歯についた着色(茶渋やヤニ)を除去します。 同時に歯周ポケット内の歯垢を洗い流します。
  • PMTC
    歯科衛生士が専門の機械を使って歯面清掃を行います。
  • 歯科医師によるお口のチェックを行います

歯周病治療はコチラ